柔道整復学科

柔道整復とは?

柔道整復は柔術の活法を起源としており、手術を行わずに骨や筋肉の働きを利用して骨折、脱臼、捻挫や肉離れなどの治療を進めます。
そのため身体への負担は軽く、西洋医学の知識・理論との融合も積極的に行われる今、地域医療やスポーツ医療の領域はもとより、介護や福祉の分野からも注目を集めています。
柔道整復師のお仕事について詳しく知りたい方はこちら

柔道整復学科 学びの特徴

01 臨床と研究に裏付けされた教育で、確かな“基礎”を築き上げる。

柔道整復師に求められる「外傷を治す力」を身につけるために、現場で活きる包帯の巻き方や手技などの基本技術、医療人としての土台をつくる西洋医学の学術的知識を徹底的に学びます。学生のうちから実践力・応用力を習得していきます。

02 関西トップクラスの講師数。多彩な経験を伝える“教員力”。

医療施設やスポーツ現場で経験を積んできたプロや森ノ宮医療大学と連携して最先端の研究に携わるプロ。関西トップクラスの人数を誇る講師陣が、それぞれの得意分野を活かして最新の知見や臨床経験に基づいた授業を行います。

柔道整復学科 講師紹介

03 1年次から臨床現場へ。“最先端医療”の現場を学ぶ。

いち早く現場を学ぶために、1年次から附属接骨院で臨床実習を行い、実際の現場に触れることができます。また、学内実習では、超音波画像診断装置(エコー)を使用し、人体の構造への理解を深めていきます。接骨院だけでは診ることの少ない症例に触れることで、幅広い知識を得て、活躍できる職域が広がります。

04 「医療」「スポーツ」を学ぶ、“柔整トレーナーコース”2021年春設立!

外傷治療のスペシャリストである柔道整復師は接骨院、フィットネスジム、スポーツ現場など、様々なフィールドでスポーツ選手に関わる機会が増えています。柔整トレーナーコースでは、柔道整復師本来の役割であるケガの応急処置や治療はもちろんのこと、ケガの予防やフィットネス強化などに必要な知識と技術について学び、様々なスポーツ分野で活躍できる柔道整復師 × トレーナーを育成します。

柔道整復学科 コース紹介

ライフスタイルに合わせて
しっかり学べる
3つのコース

国家資格の取得やキャリアアップをめざし、高校・大学新卒生だけでなく医療従事者や社会人も“働きながら学ぶ”ことができるように、ライフスタイルに合わせた3コース(※)を設けています。

※全コース3年課程
※職業訓練給付金制度 対象コース:夜間コース

医療資格とスポーツトレーナー資格の取得をめざせるコース。

柔整トレーナーコース

授業時間 (月~金) 9:20~16:10 90分授業×4コマ

学生の声

東 星陽さん

大阪府立高石高等学校卒業後、本校に入学

中前 鈴菜さん

大阪府立門真なみはや高等学校卒業後、本校に入学

スポーツのケガで悩んでいる人を支えたい。
ダブルの資格取得に挑む毎日です。

中学生の頃、所属していたサッカー部で練習中にケガをした時に、整骨院でテーピングをしてもらい翌日の試合に出られた、という経験から柔道整復師をめざすことに。柔道整復師の医療資格とスポーツトレーナー資格のどちらも取得できるカリキュラムに魅力を感じて森ノ宮に入学しました。スポーツのケガで悩んでいる人の手助けになれるように知識と技術を身につけ、将来的には開業をめざしたいと思いがんばっています。

一日の流れ

こんな人におすすめ!

  • スポーツトレーナーも視野に入れている。
  • 高校、大学卒業後の進路として選びたい。
幅広い学びを修得することで、自信を持って現場に立てるよう努力しています。

森ノ宮のオープンキャンパスで「施術の基本動作が無意識にできるようになるまで、徹底的に基礎を鍛える」と聞き、そんな臨床家になりたいと思い入学を決めました。専門書が多く取り揃えられた図書室や本格的なトレーニングルームなど、充実した設備も魅力的です。柔道整復師とパーソナルトレーナーの両方の資格を取得し、将来は患者さんや選手の前にも自信を持って立てるよう日々努力を積み重ねています。

一日の流れ

こんな人におすすめ!

  • スポーツトレーナーも視野に入れている。
  • 高校、大学卒業後の進路として選びたい。
朝晩の時間を有効活用したい、家事・育児との両立もできるコース。

昼間コース

授業時間 (月~金) 13:00~16:10 90分授業×2コマ ※2年次前期、3年次前期は、週2日17:50まで(90分授業×3コマ)になります。

学生の声

田村 愛弥さん

和歌山市立和歌山高等学校卒業後、本校に入学

山村 碧海さん

高校卒業後、スポーツトレーナーとしての臨床技術を身につけたいと考え、本校に入学

通学で利用する電車の中で予習・復習。
勉強とアルバイトの両立もできています。

高校生の時に大きなケガをして、完治するどころか再発を繰り返す辛い思いをしたことから、将来は患者さんの身体づくりと心に寄り添える柔道整復師になりたいと森ノ宮に入学。自宅が大阪府外で、通学と勉強、アルバイトの時間を考慮して昼間コースを選びました。通学は片道1時間30分ほどかかりますが、電車が空いている時間帯なので通学中も有効活用して予習・復習に集中して取り組めることも魅力のひとつです。

一日の流れ

こんな人におすすめ!

  • 医療施設で働きながら勉強したい。
  • 子育てや家事と勉強を両立したい。
アルバイトとの両立のため昼間コースを選択。
部活動でも臨床体験を積んでいます。

中学生の時の部活でケガをして通院した整骨院で、競技復帰までサポートしてもらいました。その時の経験がきっかけで、将来的にスポーツに関わる仕事 ができる柔道整復師に関心を持ち、森ノ宮への入学を決めました。日々の授業以外にも、少しでも多くの臨床の現場を見学したくてスポーツ研究会に所属。高校のラグビー部やアメリカンフットボール部のトレーナー活動に同行し、将来スポーツトレーナーとして活躍できる技術と知識を吸収しています。

一日の流れ

こんな人におすすめ!

  • 医療施設で働きながら勉強したい。
  • 子育てや家事と勉強を両立したい。
仕事をしながら学べる。新たな進路を志す人を支えるコース。

夜間コース

授業時間 (月~金) 18:00~21:10 90分授業×2コマ ※2年次前期、3年次前期は、
土曜日(18:00~21:10)も授業を実施します。

学生の声

萩原 大輝さん

大阪府立かわち野高等学校卒業後、本校に入学

井上 文希さん

大学を卒業後、社会人生活を経て本校に入学

勉強もプライベートなことも、人生の先輩たちに相談できる良い環境です。

人を助ける仕事に興味があり、柔道整復師を志すことに。幅広い年齢層の人たちと一緒に学ぶことで、お互いに切磋琢磨しながら高め合っていくことができると考え、夜間コースを選びました。いろんな世代や経歴を持つ人たちに、勉強だけでなくプライベートの相談に乗ってもらったりと、社会勉強にもなっています。クラスメイトと同じ目標に向かって学ぶ毎日はとても刺激的です。

一日の流れ

こんな人におすすめ!

  • 今の仕事を続けながら学びたい。
  • 職業訓練給付金を利用して学びたい。
同じ目標の同級生たちのやる気が、私のモチベーションになっています。

小学生から続けていた器械体操で、大学3年の時にケガをして整骨院へ通うことに。このことがきっかけで、選手を支える柔道整復師になりたいと入学を決意しました。夜間コースを選んだのは、働きながら通学でき、他のコースより学費が安かったから。思った以上に勉強は大変ですが、クラスには同世代の方も多く、クラス全体が授業に取り組む意欲が高いので、私のモチベーションになっています。

一日の流れ

こんな人におすすめ!

  • 今の仕事を続けながら学びたい。
  • 職業訓練給付金を利用して学びたい。

柔整トレーナーコースについて

3年間で医療資格とスポーツ指導・スポーツトレーナー資格を同時にめざせるコースです。
詳しくは、こちらのページをご覧ください。

詳しく見る

Wスクール(AT 特修コース)について

4年間で医療資格とアスレティックトレーナー(AT)受験資格を取得できるコースです。
詳しくは、こちらのページをご覧ください。

詳しく見る

柔道整復学科 カリキュラム

基礎から応用、その先へ。
3年間のカリキュラム。

1年次から知識(総論)を身につけると同時に実技や演習に取り組む時間が多いのが森ノ宮の特長です。
医療人としての確かな知識、現場で患者さんに寄り添える実践力を育むために。
整形外科領域における座学と実技をともに充実させた段階的なカリキュラムで、「臨床のプロ」へと導きます。

1年次

2年次

3年次

臨床実習

基礎力を身につける
土台となる基礎が、身体に染み込むまで。

基礎医学と柔道整復の知識を身につけるところから、治療を介して実際に患者さんと接するときのリスクや、より安全な施術法など、医療に携わるプロとしての基盤を築く1年間です。現場で活躍を続ける講師が目の前で模範的な実技を見せるので、同じ動作ひとつをとっても質の高い技術を身につけていくことができます。

主な履修科目一覧

基礎科目

健康と医療I・II /生物学/栄養学/心身健康科学I・II・III

専門基礎科目

解剖学I /生理学I /医学史I /解剖学II /社会保証制度/解剖学III /運動学I /衛生学・公衆衛生学

専門科目(指定規則外科目含む)

柔道整復学総論I/柔道整復学演習I/柔道整復学総論II/柔道整復実技I/臨床実習I

※柔整トレーナーコースのみ
整復力学/整復解剖学I

Open Close

基礎柔道整復学実技

治療の根幹となる、正しい包帯技術を体得する。

基礎的な包帯技術を学びます。また、患者さんの様子を観察したり、患部の状態や体の形状に応じて適切に巻ける技術を習得します。1年次に徹底して身につけることで、2年次以降に学ぶテーピングやギプスなど固定技術全般の習得にも役立ちます。

実践力を鍛える
専門性に磨きをかけ、学んだ基礎を現場で活かす。

1年次に身につけた技術と知識をベースに、さまざまな臨床や救急での処置を意識した授業を展開。柔道整復師としての実践力を高めていきます。現場に即した評価・鑑別・治療法に関する、整形外科領域からアプローチした学びと、より専門的で高度な実技を通して、疾患への知識と手技の精度を実践レベルへと鍛え上げます。

主な履修科目一覧

専門基礎科目

柔道I/解剖学IV/生理学II/医学史II/運動学II/病理学概論/関係法規I/整形外科学I

専門科目(指定規則外科目含む)

柔道整復学各論I/柔道整復学演習II/柔道整復学各論II/柔道整復実技II/柔道整復学応用実技I・II・III/柔道整復学総論III/臨床実習II

※柔整トレーナーコースのみ
整復解剖学II/スポーツトレーナー演習/評価学/パーソナルフィットネストレーナー演習

Open Close

柔道整復学各論

症例への理解を深め、判断力・実践力を磨き上げる。

骨折や脱臼などの各症例の発生原因やメカニズムを理解し、外観やレントゲン写真から正確に判断する力を養い、治療プランの立案を行います。臨床経験豊富な教員から、臨床現場に役立つ知識・技術を身につけることができます。

応用力に磨きをかける
国家試験、その先の現場。次のステップを見据えた力を。

3年次には、これまで培ってきた知識と技術を臨床に向けてさらに磨きをかけるとともに、“全員合格”をひとつの目標に、国家試験へ向けて万全の体制を整えていきます。これまでより深い専門領域の学習、幅広い知識の習得をめざし、現場で活きる応用力を身につけていきます。

主な履修科目一覧

専門 基礎科目

外科学概論/柔道II/整形外科学II/関係法規II/リハビリテーション医学/一般臨床医学/鑑別診断学

専門科目

柔道整復学応用講座/臨床柔道整復学/臨床実習III/柔道整復学演習III/柔道整復実技III

※柔整トレーナーコースのみ
救急法

Open Close

臨床実習

医療人の振る舞いを学び、応用能力を養う。

現場でよく遭遇する主な症例について、臨床現場と同じやり方で検査や鑑別をし、正確に治療計画を組み立てる力をつけます。附属接骨院では業務内容の理解、患者さんとの接し方を学びます。

附属施設等の接骨院での実習では、学校で学んだ知識・技術をもとに、医療の現場を肌で感じ、「やりがい」や「楽しさ」を知るだけでなく、卒業後を見据えた高い技術を身につけることができます。2年次は実際の治療を見学、3年次はより総合的な実習へとステップアップします。

実習体験記

赤木 歌花さん

柔道整復学科 アドバンスコース3年生
(現柔整トレーナーコース)
兵庫県立尼崎西高等学校出身

授業や教科書以外の知識や、
コミュニケーションの重要性を再確認。

臨床実習では実際の診察に立ち会い、教科書にはないリアルな症例を経験。また、診療補助体験ができました。実習後は「自分なら患者さんをどう治療していくか」、「どのようにコミュニケーションをとり、関係性を構築していくか」をイメージしながら授業に臨めるようになりました。

柔道整復学科
レベルアップカリキュラム

学内で修得した知識と技術は現場での実践を通して、臨床(実践)に役立つ力へと結びつけていきます。附属接骨院での実習や学外研修はその大きな機会となります。また3年間の学びをしっかり定着させるため、多彩なゼミ(勉強会)を開講しています。
※ゼミとは...授業時間外に選択できる無料講座

ゼミ制度

スポーツトレーナー研究会

基礎医学ゼミ

すべての科目のベースとなる「生理学」「解剖学」「柔道整復学」を中心に、授業の動画をオンデマンド配信。自宅はもちろん、通学中など好きな時間に何度でも見直し復習することができます。

とくゼミ(ステップアップゼミ)

授業で習った知識を活かしてさらなるステップアップを求める方のゼミです。「スポーツ外傷」や「画像診断」、「スポーツテーピング」など、さまざまな分野を幅広く学ぶことのできるゼミを用意しています。

実技ゼミ

実技ゼミでは各コースの授業終了後に、教員による実技練習の講座を開講。授業の疑問解消や定期テスト前のトレーニングに利用されています。

オンラインゼミ

対面によるゼミ以外にも、オンデマンド型のオンラインによるゼミも開講。自分の都合に合わせて繰り返し受講し、学ぶことができます。

スポーツトレーナー研究会

トレーナー活動に関するゼミを週に1回開講。そこで得た知識と技術を活かして、実際のスポーツ現場でサポートスタッフとしてトレーナー活動に参加し、在学中から現場経験を積むことができます。また講師を招いての講習会などもあり、スポーツトレーナーに必要な知識と技術を学生自らが自主的に学びます。

柔道整復学科
国家試験対策

身体の専門家として基礎力を徹底。学習の成果を確かめ、その土台を揺るぎないものに。
解剖学・生理学などの主要科目の基礎を1年次に徹底して学ぶ。
1年次は主要科目で国家試験合格のための基礎知識となる解剖学や生理学などの基礎知識を徹底して身につけます。授業時間外に学習関連ゼミも設け、苦手科目を早期に克服できる体制を整えています。
学力テスト、小テスト、模擬試験。学習の成果を常に測る。
定期試験とは別に、3年間にわたって随時、模擬試験や学力テスト、小テストを実施。常に学習の成果を数値化し、一人ひとりの状況に合わせたフォローアップを行います。
オリジナルドリル・オリジナルテキストで、自主学習に弾みを。
国家試験合格に欠かせない自主学習をサポートする教材として、オリジナルドリルを用意。国家試験を熟知した教員が試験問題と傾向を分析し、毎年作成しています。
国家試験合格率
国家試験は、通過点。全国平均を上回る合格率。
過去4年間の国家試験合格率は、全国平均を上回る結果となっています。多くの卒業生が、臨床の現場でプロとしての第一歩を踏み出しています。
過去4年間 国家試験合格率
令和4年 国家試験合格率

柔道整復学科 講師紹介

柔道整復学、柔道整復学実技

葉山 直史

柔道整復師/鍼灸師

柔道整復師、鍼灸師の資格取得後、中国留学や整骨院勤務を経て1996年に葉山整骨院を開業。整骨院勤務時代を通じ、プロ野球選手や甲子園常連校の球児から大相撲の力士に至るまで、さまざまなスポーツ外傷の治療を経験。1999年に本校に入職し、現在に至る。

柔道整復学、柔道整復学実技

川畑 浩久

柔道整復師/博士(医学)
森ノ宮医療大学 保健医療学部
臨床検査学科教授

接骨院や病院で約15年間の臨床経験を経て本校へ。初期治療を手がけた症例は1300例を超える。また臨床・教育のかたわら約20年にわたり骨や関節に関して細胞・遺伝子レベルでの研究を続けており、現在本校をはじめ、森ノ宮医療大学などでも最新のデータも交えた講義を展開している。

柔道整復学

原田 大輔

柔道整復師/鍼灸師
DAI sports 鍼灸整骨院院長

柔道整復師の資格取得後、クリニックで経験を積み、社会人サッカークラブチーム、高校サッカー部の専属トレーナーに就任。試合への同行から練習時の選手の身体ケア、トレーニング指導まで行う。2020年、治療とトレーニングを合わせて行える「DAI sports 鍼灸整骨院」を開業。スポーツ現場や治療院でのリアルな症例を交えた講義を行っている。

柔道整復学科 全講師紹介

柔道整復学科 手厚いサポート

01 学習サポート【学びを支える】

「とことん、学びたい」。森ノ宮医療学園専門学校は、学生の強い学習意欲に応える、手厚い学習環境を準備しています。
充実のゼミや自習環境、土日開講の研究会など、授業以外にも広がる学びが、あなたの成長を後押しします。

学習サポートについて

02 キャリアサポート【就職・開業を支える】

医療業界への就職は、一般企業への就職と流れが異なります。
一人ひとりが、早い段階から進路と向き合い、将来に向けて十分な準備ができるように、1年次からさまざまなプログラムを設け、プロへの確かな一歩を支えています。

キャリアサポート・就職状況について

03 卒業後のサポート【卒業後の活躍を支える】

本校のサポートは、卒業しても終わりではありません。
「臨床のプロ」として、一人ひとりがより良い人生を歩んでいけるように、卒業後もさまざまな支援と交流の場を設けています。

卒業後サポートについて

04 学費サポート【独自の学費優遇制度】

本校では、独自の学費サポート体制をいくつも用意しています。
たとえば、すでに医療資格や学士等を保有している方々への優遇制度など。
そのため、さまざまな経歴をもつ学生が多く在籍しています。

学費サポートについて

PICK UP CONTENTS