大阪で鍼灸師・柔道整復師を目指す森ノ宮医療学園専門学校

ホーム
学校案内 学科紹介 入学案内 キャンパスライフ 在校生・卒業生の方へ イベント・セミナー
MORINOMIYA COLLEGE OF MEDICAL ARTS AND SCIENCES
〒537-0022 大阪市東成区中本4-1-8 森ノ宮医療学園専門学校

臨床の森ノ宮 臨床の森ノ宮

本校の特徴

1973年、時代を代表する7人の臨床家たちが、
自らの知識、技術を受け継いでいくために創立したのが、
森ノ宮医療学園です。
「優れた臨床家を生み出すのは、優れた臨床家である」。
その精神が、本校のルーツとなっています。
医療現場の第一線で活躍する講師陣を揃え、「臨床」の理念を、
あふれる情熱とともに伝授しています。
すべては、真の「臨床家」を
志すひとのために。
建学の
精神
Spirit of Establishment
臨床に優れ、
かつ豊かな人間性に裏打ちされた
医療人を育成するする
学園の
精神
Spirit of School
生命(いのち)への
愛と畏敬
基本理念
Basic Philosophy
人によりそい
幸福(しあわせ)を
希う学園

基礎の徹底

単なる知識や技術だけでなく、
不調を訴えるひとの「からだの声を聴く」、
真の医療人へと成長するために。
患者さんと向き合ったとき、
施術の基本動作を意識せずにできるよう、
技術がその身に染み込むまで。
入学して1 年間は、徹底的に基礎を鍛え上げます。
無意識にできるまで、繰り返す。
それが、本当の技術だから。

“白衣”に袖を通したとき、
あなたはもう、プロへの一歩を踏み出している。

治療者が新人でもベテランでも、患者さんには関係ありません。患者さんと接するとき、自分は常にプロである。その自覚は現場に立つ前、つまり学生時代から持つことが大切です。本校では、プロへの第一歩を踏み出した入学生に対し、その想いを込めて、白衣を贈呈。心技一体の教育で、プロ意識を高めていきます。

日本一の実技量で、徹底的に基礎を作り上げる。

基本技術をしっかりと身につけ、現場で活躍できる即戦力となるために、本校では日本一を自負する実技授業、臨床実習量を用意しています。学生たちの努力の証は、鍼10万本、包帯1万本という、医療用具の年間消費量に現れています。
実習用医療用具の年間消費量
10万本
包帯
1万本

プロの指導

臨床家が創設した、森ノ宮医療学園専門学校。
そのころから今も、
本校には現場主義の講師陣が集まっています。
鍼灸院や整骨院、スポーツ現場などで
活躍しながら教壇に立つ講師から、
教科書には載っていない、
“現場” での経験を学ぶことができます。
教えるプロ、だけじゃない。
臨床のプロから現場を学ぶ。

信頼できる講師がいる。だから、社会人にも選ばれる。

臨床を知り尽くしたプロが教える、現場で活きる力。本校では、資格の取得にとどまらず、卒業後すぐに活躍できる確かな技術と知識を身につけることができます。だからこそ高校新卒者だけでなく、働きながら次のステージをめざす社会人まで、“プロになる” という高い志を持った幅広い年齢の方に選ばれています。
※2018年3月現在

充実した実習

森ノ宮医療学園専門学校が何より大切にしているもの。
それは「臨床のプロ」を育てることです。
臨床とは、患者さんと向き合い、からだを診て治療にあたること。
だからこそ本校では、実技授業の時間でも常に現場を意識し、
施術者の体の位置や、タオルのかけ方まで細かく指導します。
現場で学び、気付き、経験したことを、
惜しげもなく伝える教員力が、
現場で本当に役立つ、確かな力を育んでいます。
圧倒的な、実技量。
現場の力を、鍛え上げる。

専門学校で、日本初。付属クリニックを設立。

本校は、専門学校として日本で初めて、付属のクリニックを設立しました。付属クリニックは臨床実習施設であり、訪れる地域の患者さんたちと接しながら、学んだ技術と知識を、現場で活かせる力にしていきます。

クラスに、3~4名の講師、少人数制の実技授業。

30人クラスの場合、3~4名の講師がつく少人数制の授業を行っています。学生の微妙な変化や、細かな質問にもすぐ対応でき、一人ひとりの技術レベルに合わせた指導を実現しています。

就職・卒業後の
サポート

卒業後、治療現場に立つためには国家資格が必要です。
しかし、資格の取得はあくまでも通過点のひとつ。
森ノ宮医療学園専門学校の教育は、
ここで成長した学生たちがプロとして現場に立ち、
患者さんの役に立つためにあります。
現場で活きる力を育み、活躍できる舞台へ導くことが、
本校の役割であり、使命だと考えています。
資格取得は、通過点。
その先へ、一緒に。

“即戦力”を期待する、3,000件を超える求人。

臨床での実践力を重視する本校の卒業生たちは、即戦力として高く評価を受けています。毎年、鍼灸院や整骨院はもとより、地域の診療所や病院からも、就職希望者の21 倍、3,000件を超える求人が寄せられています。

卒業生とのつながり。

本校の卒業生はことあるごとに母校を訪ねてくれます。そして、在校生の研修を受け入れたり、採用につながる面談を行ったりなど交流も盛んです。創立から45年以上、卒業生との強い絆により、業界での森ノ宮ネットワークは広がり続けています。

卒業・就職後の独立開業まで支援。

鍼灸、柔道整復を学ぶ学生にとって大きな夢の1つである、独立開業。本校では、卒業時はもちろん、就職した後でも、その夢を支えます。随時行っている個別相談はもちろん、実際に開業した卒業生をゲストスピーカーとした勉強会、各種講習会への参加費用の優遇など、さまざまなサポートを卒業後も受けることができます。

臨床のプロを本気でめざすあなたを
本気で支える環境がある。

本気で学ぶ学生たちを支えるために、森ノ宮医療学園専門学校はどうあるべきか。
臨床のプロとして、鍼灸師、柔道整復師をめざす、すべての学生たちにとって、本当に学びやすい環境を。
本校は、その想いを、カリキュラムやキャンパス、
サポート制度というかたちにして、みなさんの夢を実現します。

臨床のプロから“現場”を学ぶ

講師数は約100名にのぼり、現役の治療家をはじめ、日本オリンピック委員会強化スタッフ、スポーツトレーナー、医師、同法人である森ノ宮医療大学で研究を続ける教員が教鞭を執っています。外部講師は業界の第一線で活躍する治療家が多数在籍しており、その日の現場の「リアルな体験」を直接聞けるのも本校の魅力です。 倍、3,000件を超える求人が寄せられています。

土日開催の勉強会・研修会

学内の施設を会場として内部・外部の活動団体が、勉強会や研修会を開催しています。講師には第一線で活躍されている著名な鍼灸師や柔道整復師、スポーツトレーナーなどを招くことが多く、休日や授業時間外でもプラスアルファの知識を学べる環境が整っています。

図書室蔵書数は国内トップクラス

図書室には鍼灸や柔道整復はもとより、東西医学の専門書から古書、数が極めて少なく価値の高い書物、最新の学術雑誌まで豊富に揃っており、その蔵書数は約18,000冊。学生だけでなく、一般の鍼灸師や柔道整復師、他校や大学の研究者からも広く利用されるなど、「全国屈指のレベル」といった高い評価を受けています。また、本校の卒業生は在校生と同様に貸出利用することが可能です。

オリジナルドリルを使った国家試験対策

国家試験対策を熟知した教員が毎年、試験問題と傾向を分析し、要点を絞ったオリジナルドリルを作成。このテキストは普段の自学自習にも活用。1つひとつ確実に取り込むことで、国家試験本番で高得点を狙えます。

自分のスタイルで選べる3つのコース

鍼灸学科では、午前・昼間・夜間、柔道整復学科では、アドバンス(全日制)・昼間・夜間と、各学科それぞれ3つのコースを用意。アルバイトとの両立や社会人として働きながらの通学など、自分のライフスタイルに合わせて、無理なく通えるコースを選ぶことができます。

万全の子育て支援体制(保育所完備)

本校では、全国的にもめずらしい、学生専用の学内保育所「みどりの風保育園」を設置し、学業と子育ての両立を支援しています。「勉強して国家資格を取得したいけれど、子どもを預ける場所や人を確保するのがむずかしい」という方も、安心して授業に出席することができます。

22:30まで校舎を開放

平日は8:00 から22:30まで校舎を開放。夜間コースの学生も、放課後に時間をとってじっくり自習ができます。また、土日も17:00まで開放し、学生の自主的な学びをサポートしています。

アクセス抜群の好立地

大阪(梅田)・天王寺・なんば駅から30分以内という好立地によって、働きながらでも無理なく通い続けることができます。ほかにも、奈良からは約40分、京都や神戸からも60分以内と他府県からの通学も可能です。
臨床以外にもたくさんの魅力が本校にはあります。
実際に足を運んでみるとさらに本校を知っていただけます。

MORINOMIYA COLLEGE OF MEDICAL ARTS AND SCIENCES
〒537-0022 大阪市東成区中本4-1-8 森ノ宮医療学園専門学校
アクセス Q&A サイトマップ お問い合わせ
森ノ宮医療大学 森ノ宮医療学園附属 みどりの風クリニック bnr_shinkyu.gif 校友会 出版部 はりきゅうミュージアム 森ノ宮医療大学 鍼灸情報センター WEB版ここから bnr_FCIM.gif
臨床の森ノ宮
M
E
N
U
基礎の徹底 プロの指導 充実した実習 就職
卒業後のサポート
あなたを本気で
支える環境