あなたを、本物のプロへ。
0120-98-1192
受付時間 9:00〜20:00(平日)
あなたを、本物のプロへ。
大阪で鍼灸師・柔道整復師を目指す森ノ宮医療学園専門学校
在校生の方へ 入学希望の方へ 社会人の方へ 高校生の方へ 卒業生の方へ 採用ご担当者様へ Q&A アクセス

助産師とは
About Midwife

助産師のお仕事
About Midwife Job

助産師のお仕事とは

主に病院に勤務し、妊産婦や新生児への保健指導、お産の介助、出産後のケア・育児指導などを行う。活躍の場は、病院や診療所などのほか、助産施設、保健所・保健センターなどがある。核家族化に伴い、妊婦が妊娠・出産のアドバイスを受ける機会が激減しているため、よきアドバイザーとしての活躍がさらに期待されている。

求められる力
Required power

生命への尊厳と人間愛に加えテクニカルな判断力も

妊婦に安心感や勇気を与える仕事のため、人を思いやる心やコミュニケーション力が求められる。出産時の様々なアクシデントに対し、時間的猶予がない中での瞬間的な判断力や決断力も重要となる。また、死産や流産に立ち会う精神的な強さも求められる。

仕事内容
Job Description

保健指導

妊娠期、分娩期、産褥期(出産から6~8週間)、乳幼児期における母子の健康を把握し、医師やほかの専門職種と連携しながら安全な分娩が行えるように支援する。病院や自治体での母親学級も保健指導の一つ。

出産介助

破水や陣痛の間隔、血圧、体温などをチェックしながら安全な出産ができるようサポートする。自宅での出産を望む場合には出張して出産に立ち会うことも。異常時には医療機関と連携し母子の安全に努める。

新生児ケア

出産直後の赤ちゃんは口や鼻の中に異物があるため、それらを取り除いて呼吸を促したり、へその緒を切断してその処理をしたりする。また身長や体重、心拍数の測定や初乳を飲ませるなどの仕事も。

不妊治療

専門家と連携しながら不妊に悩む夫婦の治療に当たる。不妊治療では精神的なケアも大切なため、とくに女性の患者では医師より助産師のほうが相談しやすいというケースも。

TOPIC

高齢出産、シングルマザー、虐待…
不安を抱える現代のお母さんたちを、あらゆる角度からサポート

助産師の大きな役割は、もちろん分娩介助である。
ただ、現在、ハイリスク妊産婦が増加しており、助産師もそのリスク対策を余儀なくされている。高齢出産や若年での出産といった身体的リスクだけでなく、経済問題や家庭内暴力といった社会的なリスクもあり、それらのリスク軽減を目指すこともまた助産師の使命となっている。
このことが日本の抱える少子化問題への対策にもつながってくるはずである。一方、出産後の母親や新生児へのケアや支援は、孤立しがちな母親と、そのことによって引き起こされる虐待問題の解消にもつながり、助産師の社会的な役目はさらに拡大しているといえるだろう。

助産師になるには
Qualification route

資格取得のルート

助産師国家試験の合格状況(全国平均)

求人・独立開業について
Place of activity

活躍の場

多忙な現代女性の健康を様々な現場でサポート

助産師は妊娠や出産だけにとどまらず、女性の健康に関わるあらゆる相談を受け付ける。そのため、活躍の場は病院や助産院のような医療の現場にとどまらず、保健センターなどの自治体やNGOなどの海外支援など多岐にわたる。国や年齢を超えて多くの女性をサポートする存在だ。

資格取得後のキャリアプラン
Career plan after qualification

アドバンス助産師

2015年8月から始まった助産実践能力習熟段階(クリニカルラダー)レベルⅢ認証制度によって認証された助産師がアドバンス助産師と呼ばれる。初めて助産師の能力について客観的評価がなされることになった。認証は日本助産評価機構が行う。助産師免許を持ち、所属施設の看護部長の承認を得た者でなければ認証申請ができない。書類審査、本試験に受かるとアドバンス助産師として認証される。

認証までの流れ
所属施設の看護部長の承認
クリニカルラダー・レベルIII の申請
書類審査合格
本試験合格
本試験合格

助産師の開業

助産師として開業するには十分な経験が必要とされ、基準は経験年数5年以上、分娩介助件数200例以上、妊婦健診200例以上、新生児健診200例以上、母乳相談200件以上などが挙げられている。もし開業できた時も備えるべき備品や薬品の管理、備えることが望ましいとされる機器(超音波断層装置や血糖検査器など)もあり、生命誕生に携わるだけに厳しい姿勢で開業しなくてはならない。

開業までの流れ
助産師としての経験(5年以上、分娩介助200例以上など)
開設準備
開業届などを役所に提出

海外支援

国境なき医師団や国際協力機構(JICA)などいくつかの団体が募集しており、発展途上国における分娩介助、産後ケアなどについての指導、教育や啓蒙活動を行う。助産師としての十分な経験、とくにハイリスクや異常分娩介助の経験が求められる。また、現地の人たちとの暮らしに溶け込みやすい資質や語学力も必要。

応募条件
助産師としての資質と能力
2年以上の臨床経験
ハイリスク、以上分娩介助の経験
新人などへの指導や教育業務の経験

Voice
Voice

女性の最大のライフイベントを笑顔で行えるようにサポートする

出産サポート以外にも助産師の役割は広がっている

助産師になるには、二つのルートがあります。

一つはすでに看護師の資格を持っている人が助産師養成学校(厚生労働省また文部科学省指定)で、1年間学んだ後に国家試験を受ける方法。もう一つは、看護学科などに助産師の養成課程のある教育機関で学んだ後に国家試験を受験する方法です。こちらは、卒業と同時に看護師と助産師との受験資格を得られますが、あくまで看護師の試験に合格しなければ助産師資格は得られません。

詳しく見る
助産師をめざしたい方へ

本校に助産師の学科はありませんが、森ノ宮医療大学では、 助産学専攻科の体験授業を開催しております。年齢性別、職業問わず、どなたでもご参加いただけますので、是非お気軽にお越しください。

森ノ宮医療大学はこちら


〒537-0022 大阪市東成区中本4-1-8 森ノ宮医療学園専門学校
森ノ宮医療大学 森ノ宮医療学園附属 みどりの風クリニック bnr_shinkyu.gif 校友会 出版部 はりきゅうミュージアム 森ノ宮医療大学 鍼灸情報センター 森ノ宮医療学園ランゲージスクール bnr_FCIM.gif