受講生の声

実際に資格取得講座を体験した受講生の“生の声”

「アロマセラピー」を学んで一番良かったことは何ですか。

講座は、毎回有意義で理論を学んでから実技という流れを考えてくれています。 一日の講義で、基礎から実践、復習までを通して学べるのでとても効率的に学ぶことができました。また、アロマの良い香りを嗅ぐことで、リラックス効果があることは、受講前から知っていましたが、アロママッサージなどで皮膚の表面から浸透する効能に ついては、受講して初めて知りました。柔道整復師としての知識に厚みを持たせることのできるアロマの知識は、社会に出たときに、他者との差別化となり自分の強みになると思っています。
学校、治療院での仕事、そしてアロマ講座と全部を両立させるのは、大変かと思いましたが時間設定まで気を配ってくれていたので、時間の使い方もうまく調整できました。より多くの方にアロマコーディネーターになってもらって、アロマをがもっと広まったらいいなと思っています。

「アロマセラピー」という言葉から受けるイメージは受講前と変わりましたか?

今までは主に女性が趣味やオシャレで楽しむもの、というイメージがありましたが、この講座を受講してみて、とても医学的に体に作用するということを知りました。特に、私も好んでよく使うのですが、ある柑橘系の精油には、消化器系の内臓の働きを増幅し、精神面では気分をリフレッシュさせるとともに幸福感をもたらすものがあります。セラピストのマッサージとアロマを組み合わせていくことで、体と心を一度に回復に向かわせることができる、そんなアロマセラピーの可能性を知ることができました。

講習会を受講してよかった点は?

アロマセラピーに対する考え方が変わったことと、アロマセラピーを通して治療の幅を広げるきっかけになったことです。森先生の授業では、精油の効能だけではなく、実際の現場ですぐに実践できる手技の方法も間近で教えていただけるので、将来患者さんに合わせて治療に取り入れていきたいと思います。

「アロマセラピー」を学んで一番良かったことは何ですか。

受講するまでは、アロマ=リラックスということだけしかイメージが無くて、アロマを医療として使えることに驚きでした。まずは、家族にアロマの良さを伝えたい、という強い想いがありました。風邪などの体調不良時に、薬に頼るのではなくアロマオイルでのマッサージやデュフューザーを使ったアロマの吸引などで楽にできたら、と真剣に学びました。
受講後、自分用にセルライト除去に効果的なアロマオイルを作ったり、ハンドトリートメントを行ったり、足首を捻ったときにも腫れを抑えるアロマ湿布を施したり、毎日良い香りに包まれ、さらにココロもカラダもリフレッシュできています。わかりやすい講義と、楽しみながら行える実技と、受講者同士の交流もでき、大満足の講座でした。

ページの先頭へ

あなたは“アロマセラピー”を どんな時に、 誰に対して、どんな方法で、使用しますか?

森 美侑紀先生

カラダやココロが軽くなったり、うきうきしたり、1滴の精油が働きかける作用はとてもパワフル。アロマがもたらす“心地よい変化”、あなたも体感してみませんか?

香りを嗅ぐだけではありません。入浴、手浴、足浴、坐浴、トリートメントや塗布、うがい、湿布…さまざまな方法で行えるアロマセラピー。良質な精油を選び、禁忌事項を守り、適切な用量で、適切な使い方をすること。効果的&安全なアロマセラピーを行いましょう!

森 美侑紀先生 (森ノ宮医療大学非常勤講師 総合医療学)
医学博士、日本アロマセラピー学会評議員、JAAアロマトップインストラクター、正看護師、柔道整復師、介護支援専門員
プロバスケットボールチーム"大阪EVESSA"公認メディカルアロマトレーナー
※現在、和歌山県立医科大学博士研究員。『活性酸素』の研究に従事。

閉じる