あなたは“アロマセラピー”を どんな時に、 誰に対して、どんな方法で、使用しますか?

森 美侑紀先生

カラダやココロが軽くなったり、うきうきしたり、1滴の精油が働きかける作用はとてもパワフル。アロマがもたらす“心地よい変化”、あなたも体感してみませんか?

多くの人の認識の中で、アロマセラピーはいまだ、リラクゼーションの手段として定義されているようです。しかしアロマセラピーで用いられる精油には、リラクゼーション作用だけでなく、湿布や痛み止めにも含まれる消炎鎮痛作用のある成分や、殺菌作用のある成分なども多く含まれています。また、適切に使用していれば副作用を起こすことも非常に少ないことから、海外では精油を保険適用とし、薬の代わりに処方している国もあります。わが国でも近年、補完代替医療の一つとして注目され、各診療科や看護、介護分野でも様々な研究や臨床応用が進められています。この講座では精油の作用などアロマセラピー全般の基礎知識、アロマセラピーの活用方法、生活への取り入れ方などをより実践的に学びます。

森 美侑紀先生
医学博士、日本アロマセラピー学会評議員、JAAアロマトップインストラクター、正看護師、柔道整復師、介護支援専門員、上級食育アドバイザー
プロバスケットボールチーム“大阪エヴェッサ”公認メディカルアロマトレーナー

閉じる