在校生の声 | 森ノ宮医療学園専門学校
あなたを、本物のプロへ。
0120-98-1192
受付時間 9:00〜20:00(平日)
あなたを、本物のプロへ。
大阪で鍼灸師・柔道整復師を目指す森ノ宮医療学園専門学校
入学希望の方へ 社会人の方へ 高校生の方へ 卒業生の方へ 採用ご担当者様へ Q&A アクセス

キャンパスライフ
Campus Life

在校生の声
Student's Voice

鍼灸学科
Shinkyu

01 東洋医学と西洋医学。2つの視点を活かせる治療家へ
祝 美嘉さん
鍼灸学科
昼間コース2年

 もともと看護師として、大学の新生児集中治療室NICUで働いていました。忙しい病棟だったこともあり、心身ともに疲労を感じて鍼灸治療を受けたところ、次の日、身体も心もすごく楽になっていたのです。この体験がきっかけになり、医療職の中でも“治療家”として直接患者さんと関われる鍼灸師という仕事、そして「心身一如」という考え方に基づいて、心と身体のつながりを学べる東洋医学に惹かれていきました。
 『森ノ宮の実技授業が日本一厳しい』と、オープンキャンパスで先生から説明があり、覚悟をして入学しましたが、1年生の時は鍼を片手で入れるという手技の基本がとても難しく、30秒で3回という課題でも苦戦しました。学校で徹底的に練習し、手が硬くならないように自宅でも練習を重ねる日々。数ヵ月後、クラス全員が1分間に15回という課題をクリアしていました。
 実技授業は、鍼や灸の基本技術だけでなく、常に臨床を意識しながら患者さんとの接し方を学んでいます。看護師として学んできた西洋医学と、森ノ宮医療学園専門学校で体得する東洋医学。2つの視点を活かして自分らしい治療法を見つけていきたいです。

02 しっかり情報収集をして将来の選択肢を増やすためにさらに頑張りたい。
平石 智史さん
鍼灸学科
昼間コース2年

 16歳の時にゴルフに出会ってから、20年間。トーナメント出場を目指す傍ら、自身のゴルフスクールを開講し10年間にわたりレッスンプロとして活動してきました。
35歳で介護関係の企業に入社し、高齢の方のお世話をしていて病院で行う医療の重要性を感じると同時にそれだけでは対処できないことの多さに気づきました。症状が出てからの治療ではなく、普段から身体を整えたり、補ったりすることが必要だと実感し、東洋医学である鍼灸を学ぼうと思いました。
 年齢的な部分で、39歳でもう一度学生になることに不安はありましたが、入学してみれば、下は19歳から上は64歳まで、幅広い年代の方が在籍していて、ゴルフや会社とはまた違う人と出会えました。ゴルフの試合はずっと一人で戦い頑張ってきましたが、今では同じ目標を持った仲間がいるというのは新鮮で楽しく感じます。
 学生の間に色々な基盤を作って、しっかり情報収集をして将来の選択肢を増やすためにさらに頑張りたいと思っています。

03 ヨガと鍼灸で元気にできる鍼灸師を目指して
乾 美香さん
鍼灸学科
夜間コース3年

 ヨガのインストラクターとして働きながら、夜間コースに通っています。
鍼灸師になりたい。という夢はあったのですが、年齢や忙しさを理由にして「生まれ変わったらなりたいな」と完全に諦めていました。でも、ヨガで出会った90歳を超えた鍼灸師の方に、「今からでも遅くない。鍼灸師になれる!」と力強い言葉をもらいました。行かないと後悔することだけはわかっていたので、思い切って、挑戦することにしました。
 30年ぶりに学生に戻って、年齢の違う人たちと一緒に勉強することがとても刺激的です。クラスでは、私が一番年上で40代の方も2.3人。ジェネレーションギャップは感じますが、みんな仲良しで、「学びたい!」という思いの強さも同じなので、切磋琢磨できています。
 森ノ宮医療学園専門学校は、卒業生の鍼灸師の方からの推薦と、家からの通いやすさが決め手でした。実技指導はとても厳しく、授業以外でも自主的に実技ゼミなどを活用して練習しています。今の間にしっかりと基礎を鍛錬しておくことは、卒業してからの自信につながります。
 ヨガの生徒さんの中には、腰痛や身体の不調、ストレスを抱えている方が多いので、ヨガと鍼灸の両方で元気になるお手伝いができたらいいな、と夢を持って頑張っています。

04 現場に近い実習環境で鍼灸の知識や技術が学べる
牛嶋 海都さん
鍼灸学科
昼間コース3年

医療関係の仕事を探していた時に、鍼灸師の仕事に興味をもったことがきっかけです。しっかりとした知識・技術を身につけて、患者さんに信頼される鍼灸師になりたいと思い、いろいろな学校を調べました。
その時に、印象に残る『日本一を誇る実技量』という言葉があり、実技の習得レベルが高く実技実習時間の多い、森ノ宮医療学園専門学校に入学することにしました。
臨床の現場に立っている先生が多く、経験が豊富なので教科書通りの勉強だけでなく、先生独自の考え方やさまざまな症状についての現場での活かし方など、実践的な実例が聞けてとても面白いです。患者さんの数だけ色んな症状があるので、色々なタイプの価値観に触れることができる環境も魅力的です。また先生同士の仲が良く、先生と生徒との距離も近いのでささいなことも質問しやすく、分かるまで丁寧に教えてくれます。実技では、5人ほどの先生が入ってくれるので学生一人一人をしっかりチェックしてくれます。難しく厳しいことも多いのですが、その分、先生に認めてもらえたり、患者役の人からほめてもらえたりと自信に繋がり鍼灸がもっと好きになれます。
鍼灸師になる、という夢をかなえるために、森ノ宮で学べる時間を大切に、もっともっと貪欲に吸収していきたいと思います。

柔道整復学科
Judo Seifuku

01 知識をつけないと、自身もつかない。スポーツ現場でスイッチが入った。
松井 彩夏さん
柔道整復学科
昼間コース3年

高校時代にソフトボール部のピッチャーをしていた私は、試合の前日、肩の痛みがひどくなり、思い切って接骨院へ行きました。すると、1回の施術で驚くほど痛みが和らぎ、マウンドに立つことができたのです。自分もこんな風に人を支える側になりたい。と思い、森ノ宮の門をくぐりました。
入学後は「スポーツトレーナー研究会」というクラブ活動に参加し、ラグビーの練習場に同行しています。初めは不安だったし、選手が怪我をしても何もできない自分がいました。
「もっと、知識をつけないと自信もつかない。このまま何も出来ないのは嫌だ」と現場で見にしみて感じたことで、スイッチが入りました。
そこから常に実践を意識するようになり、ラグビー場でも選手の状態を診せてもらい、自分の判断を先生に伝えるようにしています。
それが、先生の判断と一致したとき、授業で学んだことと現場に繋がっている手応えを感じます。
森ノ宮はプロとして意識を高めてくれる場所。自信をもって現場に立てるまで、知識も経験も積み重ねて行きたいです。

02 人と関わる仕事がしたい。それがきっかけでした。
清水 祥平さん
柔道整復学科
夜間コース3年

 実は、柔道整復師という仕事は良く知りませんでした。祖母のリハビリを担当してくれた方がすごく熱心で、その方のおかげで祖母は杖をついて歩けるほどに回復しました。その姿を見て人に喜ばれる仕事の素晴らしさを感じました。もともと人と関わる仕事がしたくて心理学を学んでいたこともあり、自分もそんな仕事ができたらいいな。と思うようになりました。後に、祖母を担当してくれた方が柔道整復師であったことを知り、自分も目指そうと決意しました。
 しかし、結婚して子どももいるのに「今更学校なんて・・・」、と両親や親戚には反対されました。でも、妻はそっと背中を押してくれました。今は、学業と仕事を両立している姿をみて、両親も認めてくれて、応援してくれています。
 森ノ宮医療学園専門学校は、オープンキャンパスの印象が衝撃でした。実技の体験授業の包帯固定。とても丁寧で早いのに、美しい。ここなら、技術がきちんと身につけられる、と思いました。実際に入学して、先生の熱意がすごいです。現役で臨床に立っている先生ばかりなので、教科書にはない生きた講義をしてもらえます。担任の先生は同い年。それもあって話しやすいです。
 将来は、地元、奈良県に戻って地域に根付いた整骨院を開業するのを夢みて、実技習得、国家試験合格に向けてしっかりと勉強していきます。

03 あの先生のいる森ノ宮医療学園専門学校に行こう!と決めました。
玄 侑奈さん
柔道整復学科
昼間コース2年

 高校卒業後、スポーツトレーナーを目指して専門学校へ進学。人の身体に興味があったので無資格の整体師として働きました。職場はすごく忙しく、お客さんもついてやりがいもあったのですが、整体では身体を治すことは出来ません。次第に、自分が本当に何を目指していたのか、わからなくなってしまって、一度リセットをしようと思って退職をしました。
退職当初は、独学でもう一度勉強しなおそうと思っていました。それは、一度社会人となったのに、もう一度、学生をすることに抵抗があったからです。でも、その後、手術が必要なほどの大怪我をしてしまって・・・自分の身体のこともわかっていないのに、独学なんて無理。だと痛感し、学校で学んで国家資格を取ろうと思いました。
 森ノ宮医療学園専門学校に見学に行ったときに、対応してくださった伊黒先生が、すごく熱心で、まだ、国家資格は取りたいけど、学生に戻るのは不安がある、と心が揺れていた私に、「森ノ宮ならちゃんと学べる。僕がちゃんと教える。」と言ってくださったことがとても印象的で、あの先生のいる森ノ宮医療学園専門学校に行こう!と決めました。
勉強をして資格を取るだけなら、どこの学校でも一緒。でも、この森ノ宮は、学生の立場で真剣に教えてくれる先生が大勢いますし、将来一緒に頑張っていきたい!と思える仲間にも出会えました。
 最初は不安しかなかった学校生活が今はすごく充実していて、自分の信じた道に進んでよかったと実感しています。たくさんの人とかかわることで、技術や知識だけでなく、人間としても成長できたと思います。


〒537-0022 大阪市東成区中本4-1-8 森ノ宮医療学園専門学校
森ノ宮医療大学 森ノ宮医療学園附属 みどりの風クリニック bnr_shinkyu.gif 校友会 出版部 はりきゅうミュージアム 森ノ宮医療大学 鍼灸情報センター 森ノ宮医療学園ランゲージスクール bnr_FCIM.gif