学科紹介

学科紹介

柔道整復学科 カリキュラム紹介

どんな仕事?

たとえば、整骨院や接骨院などで治療を行っている人が柔道整復師です。柔道整復師は捻挫や骨折などのケガを手術や薬を用いず「柔道整復術」で治す、つまりヒトの身体が持つ治癒能力を最大限に発揮させる治療の専門家です。
昔から「ほねつぎ」「接骨師」として知られ、骨・関節・筋・腱・靭帯などに加わる急性、亜急性の原因によって発生する骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷(肉ばなれ)などに対して治療を行っています。


「治癒能力」とは?
「亜急性損傷」とは?

目次

そもそも柔道整復って何ですか?
柔道整復師はどんな働き方ができますか?
柔道整復師には将来性がありますか?
柔道整復師の仕事の良いところは?
どうすれば柔道整復師になれますか?
どんな人が柔道整復師に向いていますか?
スポーツが苦手でも柔道整復師になれますか?
森ノ宮医療学園専門学校が考える理想の柔道整復師とは?

Q&A

そもそも柔道整復って何ですか?
柔道整復は日本の伝統医療です。柔術の活法を起源とし、手術や投薬を用いずに骨や筋肉の働きを利用して治療を進めます。そのため身体への負担が軽いことが特長で、西洋医学の知識・理論との融合も積極的に行われています。
骨や筋肉、関節の働きを応用して治療します。最近ではケガの応急処置や治療のみならず、スポーツする人のトレーニングや競技前後のケア、健康や美容の維持増進にも用いられています。また、電気を使う機材などを使わず検査できるので、スポーツ現場や災害現場などでも役に立つことができます。
さらに詳しく 「柔術の活法」とは?
柔道整復師はどんな働き方ができますか?
独立開業できるということが大きな特徴の一つです。また、整骨院・接骨院、病院、整形外科クリニック等の医療機関への就職などのほか、スポーツトレーナーになる、介護・福祉施設に勤務するなど、働き方はいろいろあります。
柔道整復師には自分で施術所を開設できる開業権がありますから、資格を取れば自由に開業することができる一方、開業すれば経営者としての苦労もあります。たとえばお店や小さな会社を開くことを想像してみて下さい。整骨院・接骨院もお店であり会社ですから、同じくらい難しいと言えます。ただし、柔道整復師は医療の専門家であって、自分の判断や技術が商品ですから、自分自身の努力で商品の価値を上げていくことができるのです。開業の際の設備も病院などと比較して少なくて済みます。
勤務する場合、整骨院や病院などの医療機関で施術者として働くことが主ですが、フィットネス施設やスポーツ現場ではトレーナーとして、また介護福祉施設で機能訓練に携わる場合もあります。
さらに詳しく 「機能訓練」とは?
柔道整復師には将来性がありますか?
柔道整復は、地域医療やスポーツ医療の領域はもとより、介護や福祉の分野からも注目を集めています。日本はすでに超高齢社会であり、今後さらに高齢者が増えて医療機関の不足が深刻になります。地域で信頼される柔道整復師になるよう努力すれば、将来は明るいと言えます。
知識と技術を活かせる分野は多く、創意工夫によって活躍のチャンスは十分にあります。
柔道整復師は外傷(ケガ)の専門家であり、身体の運動に関わる構造、機能に精通しています。その知識を生かしてスポーツ現場のほか、予防医学や健康増進、介護や福祉の分野に活躍の場を広げています。
さらに詳しく 「超高齢社会」とは?
柔道整復師の仕事の良いところは?
自分の判断で患者さんを治療できる、数少ない医療の国家資格であり、直接患者さんと関わって悩みを聴き、解決し、治癒する場に立ち会えることが大きな魅力です。また、ライフステージに合わせて働き方を変えることができます。定年がありませんので、何歳になっても仕事ができます。
柔道整復師はケガの状態を把握し、必要な医学的処置を判断して実施し、そのケガが治癒するまでをみることができる仕事です。たとえば骨折した患者さんが手術を望まず、徒手整復によって保存的に治癒することができた場合などは柔道整復師の仕事の醍醐味といえるでしょう。ただし、その判断や処置の精度は知識、技術、経験に大きく左右されますので、相応の努力が必要ですが、それもやりがいにつながっています。
柔道整復は海外でもJudo-Therapyとして知られており、国内のみならず海外でも活躍することが期待できます。
さらに詳しく 「徒手整復」とは?
「保存的療法」とは?
どうすれば柔道整復師になれますか?
高校卒業後、厚生労働省の許可した専門の養成施設か文部科学省の指定した四年制大学で所定の科目を履修して国家試験を受け、合格すると厚生労働大臣免許の柔道整復師になれます。
履修科目には、解剖学、生理学、運動学、病理学、衛生学、公衆衛生学などの基礎系科目と柔道整復理論、柔道整復実技、関係法規、外科学、リハビリテーション学などの臨床系専門科目があります。国家試験に合格するための勉強はラクではありませんが、真剣に取り組めば乗り越えられるものです。さらに本校では国家試験合格を目標とした“予備校的な”授業ではなく、資格取得後を見据え、現場で活躍できる柔道整復師を育成する教育を行っています。
さらに詳しく
どんな人が柔道整復師に向いていますか?
医療者として、患者さんの立場に立って考えられる人です。人と接するのが好きな人、誰かの役に立つことに喜びを感じることができる人、スポーツ経験者なども柔道整復師に向いています。
患者さんは身体のどこかに痛みや不具合を抱えて来院されます。患者さんの不安や不便さを解消するよう心を配りながら、患者さんにとって最良の選択肢を示してあげるには、“優しい”だけではなく、豊かな知識から導かれる確かな判断が必要です。でも、その力を身につける原動力は“優しさ”なのだと思います。
スポーツによるケガの患者さんも多く来院されますので、スポーツ好きの方は知識や経験を生かすことができ、おすすめです。
さらに詳しく
スポーツが苦手でも柔道整復師になれますか?
はい。なれます。柔道の形を覚えていただくことは必須ですから柔道実技の授業もありますが、高校の体育の授業よりもやさしいので、心配はありません。
力の使い方を学ぶので、腕力や体力に自信がなくても、コツを覚えれば上手に施術できるようになります。
さらに詳しく
森ノ宮医療学園専門学校が考える理想の柔道整復師とは?
接骨院や病院はもちろん、スポーツ現場や介護・福祉施設など様々な分野で活躍できる柔道整復師であり、高度な専門知識と患者さんに寄り添うことのできる人間性を備えた柔道整復師です。
患者さんにとって最良の選択肢を示し、最良の結果を出すことができる柔道整復師。
そのような柔道整復師を養成するため、クリニックでの実習や海外研修など、生の「臨床現場」で学ぶことができる多彩な実習や「臨床」を意識した授業を提供しています。
さらに詳しく 「臨床」とは?
  • 資料請求する
  • オープンキャンパスに申し込む
  • お問い合わせフォームへ

お問い合わせは先こちら

〒537-0022 大阪市東成区中本4-1-8 森ノ宮医療学園専門学校 MORINOMIYA COLLEGE OF MEDICAL ARTS AND SCIENCES

オープンキャンパスお申し込みフォームへ
お問い合わせフォームへ